補聴器の種類に関して

  • 補聴器の種類はどれくらいあるのか

    • 補聴器と聞くとまずイメージしやすいのが、耳の穴に直接機械をはめ込むというタイプです。


      これは「耳穴型」と呼ばれている種類の補聴器であり、オーダーメイドで作成することができるということで自分の耳に最もフィットしやすいというメリットを持っています。



      そのため多くの人が利用している種類のひとつとされており、人気の機種でもあります。耳穴型以外にも補聴器にはいろいろな種類が存在しており、現在日本で使用されているものとしては5つ存在しています。



      有名なものとしては「耳穴型」や耳にかけるだけではめ込まなくても使用することができる「耳かけ型」、スピーカーと本体が別々になっている「ポケット型」と呼ばれるものがあります。



      ほかにも、眼鏡のような形のものや、置き型のように本体をどこかに置くというスタイルのものもあるようです。



      このようにいろいろな補聴器がありますがそれぞれにメリットとデメリットを持っており、対応している難聴のレベルも異なっていることから難聴のレベルによっては利用できる補聴器の種類も異なってきます。

      そのため、まずは自分がどの機種を利用することができる難聴のレベルなのかを把握することが重要となっているわけです。



      また、販売している店舗によっては販売されている機種が制限されていることもありますし、同じタイプのものであってもメーカーによって聞こえ方や性能が異なっているということもあります。



      なので、種類だけではなくメーカーにも注意して商品を選ぶということが大切になっている傾向もあるようです。

  • 関連リンク

    • 補聴器と聞くとまずイメージしやすいのが、耳の穴に直接機械をはめ込むというタイプです。これは「耳穴型」と呼ばれている種類の補聴器であり、オーダーメイドで作成することができるということで自分の耳に最もフィットしやすいというメリットを持っています。...

    • 医療機器のひとつとして聴力が低下している人達の補助具として使用されている補聴器は、その形や性能によっていくつかの種類が存在しています。その中でも自分が使いやすいものや聞こえやすさなどを配慮し、選別していくことが重要となっています。...