要介護・要支援認定の流れについて

介護保険の給付を受けようとする者は保険者に認定申請を行い、保険者は訪問調査員を派遣して申請者の心身の状況について74項目の調査を行い、特記事項があれば調査員が記述しなければなりません。この調査に加えて主治医の意見書が求められます。
74項目の調査結果について、まずはコンピューターシステムが要介護度を判定します。
これが一次判定です。
次に、保健医療福祉の専門家5名程度によって構成される介護認定審査会が開かれ、一次判定と調査員による特記事項、医師の意見書に基づいて審査し、必要のある場合は一次判定を修正して二次判定を行います。



保険者はこの二次判定によって認定されます。

介護の事務ソフトの情報を提供中です。

認定は要支援・要介護度を区別する物であり、この度合いによってサービスの利用額の上限が定められます。
非該当と判定されたもの及び第2号被保険者で特定疾病以外の原因で要支援・要介護状態の方には保険給付が行われません。
この度合いは病状や身体機能の状態像で決定されるものではなく、支援に手間がどれだけかかるかというケア投入必要量で判定されます。

日本経済新聞関しての情報探しを行うならネットが便利です。

コンピューターによる一次判定は施設におけるサービス提供時間を基準とし、調査項目結果の組み合わせにより、家事サービスや問題行動対応、機能訓練や医療関連行為などのそれぞれについての必要時間を計算してその合計時間によって区別します。

この認定は施設に入所したと仮設するならばどれだけのサービスが必要かという判定であり、家族の有無や所得水準は考慮されません。