補聴器の種類に関して

  • 補聴器の種類について

    • 耳に装着することで聞こえにくい会話や音を集めるという機能を持っているのが補聴器であり、難聴などの障害を持っている人が利用している医療機器のひとつです。


      一般的なイメージとしては耳にかける対応やはめ込むタイプのものが連想されやすいですが、実際にはそれ以外にもいろいろな種類の補聴器があります。



      販売されている補聴器の種類は大きく分けると5種類ほど存在しており、中にはオーダーメイドで製作することができるものから気軽に装着できるもの、スピーカーと本体が分離しているものまで多種多様となっています。
      それらは用途や難聴のレベルによっても使い分けることができるようになっているため、自分がどのような場面で補聴器を使用するのかによって購入するべき種類も異なってきます。


      また、販売店によっては取り扱っているものが限定されている場合もありますし、メンテナンスなどの問題もあります。



      そのため、複数の販売店を調べて自分に合った補聴器を探すことが大切になってきますし、メンテナンスなどにも対応してくれる販売店を見つけることが大切になってきます。



      そして何より、実際に装着してみて自分の耳に合うかどうかが重要となります。



      種類によって形状も大きく異なりますし、メーカーなどによってもその性能は異なります。



      なので、まずは実際に身に着けてみて調整が聞くかどうか、つけてみての違和感はないかどうかなどをチェックすることが、購入する際の重要なポイントとなります。



  • 関連リンク

    • 医療機器のひとつとして聴力が低下している人達の補助具として使用されている補聴器は、その形や性能によっていくつかの種類が存在しています。その中でも自分が使いやすいものや聞こえやすさなどを配慮し、選別していくことが重要となっています。...

    • ひとくちに補聴器といっても、実はさまざまな種類があります。おおまかに形状で分けると、「耳あな型」「耳かけ型」「ポケット型」「眼鏡型」といった種類があります。...