補聴器の種類に関して

  • 補聴器の種類別の特徴について

    • 医療機器のひとつとして聴力が低下している人達の補助具として使用されている補聴器は、その形や性能によっていくつかの種類が存在しています。その中でも自分が使いやすいものや聞こえやすさなどを配慮し、選別していくことが重要となっています。



      では実際にどのような種類があるのかというと、大別して5種類程度に分かれています。



      最も有名で利用されていることが多いのは耳穴型と耳かけ型であり、耳穴型は耳の穴の中にはめ込む形で利用されています。



      そのためその形は全てその人の耳に合わせたオーダーメイドとなっており、聞こえの程度も調整して製作してもらえるというのが特徴です。



      そして耳かけ型は名前の通り耳にかけて利用するタイプの補聴器となっており、耳に負担をかけることなく利用することができるほか、そのつど聞こえる音量を調整することができ、操作が簡単なところが特徴です。

      これら以外に利用されている補聴器として目にすることが多いのは、アナログ式でも見ることが多いポケット型です。



      これは本体とスピーカー部分が別になっているのが特徴であり、スピーカー部分はイヤホンのように装着することができます。



      機種によっては高出力が可能となっているため、高度な難聴にも対応できるところが特徴といえます。


      そしてメガネをかけている人でも利用しやすいのがメガネ式の補聴器であり、こちらは耳の穴に入れるのではなく骨振動によって音を反映させているというのが最大の特徴となっています。

  • 関連リンク

    • 補聴器と聞くとまずイメージしやすいのが、耳の穴に直接機械をはめ込むというタイプです。これは「耳穴型」と呼ばれている種類の補聴器であり、オーダーメイドで作成することができるということで自分の耳に最もフィットしやすいというメリットを持っています。...

    • ひとくちに補聴器といっても、実はさまざまな種類があります。おおまかに形状で分けると、「耳あな型」「耳かけ型」「ポケット型」「眼鏡型」といった種類があります。...