補聴器の種類に関して

  • さまざまな種類がある補聴器を選ぶには

    • ひとくちに補聴器といっても、実はさまざまな種類があります。
      おおまかに形状で分けると、「耳あな型」「耳かけ型」「ポケット型」「眼鏡型」といった種類があります。



      「耳あな型」は耳の穴に耳栓のようにはめ込んで使うもので、形が小さく、他人に気づかれにくい点が長所です。

      自分の耳の穴にぴったり合うよう、オーダーメイドで作るほうがより自然に使えます。



      「耳かけ型」は弓のような形の補聴器を耳の後ろにひっかけて使うタイプです。


      操作が簡単で扱いやすく、ボリューム調節などの機能が搭載されている物もあります。
      「ポケット型」は小型ラジオのような大きさの補聴器本体をポケットに入れ、コード付きイヤホンを耳に入れて使うタイプです。



      本体を手元で扱いやすく、雑音が起きにくいという特長があります。
      「眼鏡型」は眼鏡のつるの部分に補聴器が入っているもので、拾った音声を骨伝導を使って聞き取る手法をとっています。



      聞こえの程度としては、小さな声が聞こえにくいという比較的症状が軽めの方には耳あな型がお薦めです。


      普通の会話が聞こえにくい、耳元で話さないと聞こえないという中〜重症状の方には、ポケット型や耳かけ型のほうが効果が高いと思われます。



      一方、価格の面からみると、既製品の耳あな型や耳かけ型、ポケット型が比較的割安である一方、耳あな型をオーダーメイドで作るとかなり高価になってしまいます。
      こうした点をよく吟味しながら補聴器を探すようにすると、自分に合う種類の物が見つかりやすくなることでしょう。



  • 関連リンク

    • 耳に装着することで聞こえにくい会話や音を集めるという機能を持っているのが補聴器であり、難聴などの障害を持っている人が利用している医療機器のひとつです。一般的なイメージとしては耳にかける対応やはめ込むタイプのものが連想されやすいですが、実際にはそれ以外にもいろいろな種類の補聴器があります。...

    • ひとくちに補聴器といっても、実はさまざまな種類があります。おおまかに形状で分けると、「耳あな型」「耳かけ型」「ポケット型」「眼鏡型」といった種類があります。...