山間部に増えている太陽光発電

###Site Name###

2011年3月11日の東日本大震災では東日本の多くの地域で地震被害、津波被害、原子力発電所メルトダウンによる放射能漏れ被害がありました。
今でも避難を続けている方々、自分自身の住宅に戻れずに仮設住宅や賃貸住宅に身を寄せている世帯、方々が多くいます。

影響が大きかった方々を中心に報道がされているため、強い地震はあったものの、住宅や家財などの被害は軽微で済んだものの、数日から2ヶ月程度停電に悩まされた世帯、方々が非常に多くいることはあまり報道されていないためにご存知の方は少ないかもしれません。
震災当日は自家発電を所有する公共の機関や病院に限っては、自家発電で電気の供給を確保できました。しかし、それ以外の建物や一般家庭では完全に停電となり、あたりまえのように送っていた電化製品に頼っていた生活活動が当たり前の通りに送ることができなくなりました。

都心部では電車が動かないなどの支障がありましたが、震源域に近い東北地方の地域では完全に停電となりました。

電源の復旧葉は日本海側から電気を送ってもらうことで県庁所在地周辺から停電が解消されました。


しかし、インフラに影響を受けた地域や県庁所在地から離れた山間部などや田舎といわれる地方では1ヶ月程度、停電が復旧しなかったところが多くありました。

多くの世帯は停電によって生活活動に支障をきたしましたが、太陽光発電を所有していた世帯は日中に電気を確保できましたので、日中は電気を使用することができました。


その状況を見ていた周辺の世帯は太陽光発電が停電時に有効であることを知りました。


その後、そのエリアでは次々と太陽光発電を設置する世帯が増え、見渡す家の屋根には太陽光発電を見ることができます。元々は売電を重視した太陽光発電ですが、山間部では停電から復旧に時間が掛かるため、緊急時に太陽光発電によって電気を確保することができる、災害で経験したために備える、災害用備品のひとつとなっています。


http://www.jpita.or.jp/pc/
http://www.pc3r.jp/
http://www.jeita.or.jp/japanese/

太陽光発電の講習の安心情報、今すぐ確認してみましょう。

太陽光発電の資格情報を調べられるこのサイトはオススメです。

太陽光発電の資格情報サイトです。

今、話題の便利な太陽光発電の保守の情報を今すぐ確認できます。

PV施工技術者の情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。